協同組合 新潟県異業種交流センター[niks]

日報システム「デジDON」について

  • 営業成績がイマイチなので、何とかしたい方
  • 顧客情報、営業情報を、プロセスで捉えたい方
  • 携帯電話で日報を作れたらいい、と考えている方
  • 工事原価をもっと正しく把握したい、と考えている方

デジDONで、ドンドン儲けてください!

  • ASPだから簡単・便利・安価(管理者+利用者10人までは、月17,000円)
  • 携帯電話からでも日報が作れます。
  • プロセスが分かるから、業務改善に力を発揮。

デジDON営業日報
デジDON作業日報

「デジDON」ユーザーの声

作業日報の「デジDON」を利用してよかったことは、競争入札に強くなったということ、社員の意識が変わったということでしょう。活字を読むのが嫌いだった社員も、見たり調べたりするのが当たり前のようになって、自ら行動するするようになってきました。

日報を効果的なものにするためには、経営者が何を知りたいのかテーマを持つ必要があります。当社の場合は春夏秋冬いろんな商品を扱いますが、季節ごとの取扱い重点商品に対してどのような営業行動をとったか書かせて分析します。なぜそれが売れなかったのかを知ることで指示が出せるわけです。営業プロセスの中で、社長、上司がタイムリーに指示を出せることが大切です。これがデジDONの効果でしょうか。

デジDONは営業計画を作ることが可能だと言うことも魅力です。当社では、現在、翌月の行動計画を入力させるようにしています。その月に計画して動いても、売り上げ確保はおぼつきません。前月まで売上計画を立てて行動しなければ売上目標は達成できません。これを今徹底するように指導しています。

我が社では、内勤にクレーム情報を入力させています。クレームは、あるのが当然でないのがおかしい。逆に言えば“商売のネタ”の宝庫なんですから、クレーム入力がないと本当にないのかと事務員に質します。そうすると翌日から報告があがります。暴露することではなくて、クレームを書くことによって問題解決策を社内的に作るんだということです。デッドエンドをきちっと説明しないとビビッて報告しなくなります。

情報を共有するということは、誰が何をどのようにしているかということを皆が分かるようにするということです。1つのことが10のことに対応しているということが非常に多くありますので、上司は必ずコメントを入れるように指導しています。

「デジDON」はファイル添付もできるので便利だと思います。見積書をファイル添付して報告することもできます。

デジDONサービス手続き方法

デジDON無料お試し利用サービスを手続きしたいとき

デジDONサービスを手続きしたいとき

お問い合わせ

ご相談・ご質問などお気軽に。
(平日9:00~17:00)

PAGETOP